石川県 加賀温泉郷 山中温泉 旅館 こおろぎ楼での日々の出来事をご紹介します。


by koorogirou
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2009年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

イチゴの新作

最近、イチゴが市場に出回ってきましたね。

イチゴって甘すっぱくてみずみずしくって美味しいですよね。

今回はイチゴを使ったデザートを作りました。

c0210517_15451688.jpg


甘さ控えめにしましたよ。

下はこんな感じ・・・。

c0210517_15454420.jpg


バニラビーンズたっぷりのパンナコッタです。

(写真うまく撮れずごめんなさい。)

ぜひ・・・。

山中温泉 こおろぎ楼WEBサイト
[PR]
by koorogirou | 2009-11-30 15:49 | スイーツ | Trackback | Comments(0)

りんごいただきました。

秋の終わりを感じる今日この頃です。

なんかもう風が冬のにおいです。山中温泉。

c0210517_10491860.jpg


毎朝落ち葉もたくさんです。送迎用の車も紅葉模様になっています。
(この落ち葉の掃除が大変なんですよね~。)

先日、お客様から美味しい贈り物が届きました。

真っ赤なりんごちゃんです。

c0210517_10494327.jpg


毎年、送ってくださるのですが、これが楽しみで楽しみで011.gif

ありがとうございます。

女将も私も果物大好きなので。にこにこです。

c0210517_1050185.jpg


スタッフ皆で分けて、生でたべてもやはりこの量なので。
これを加工します。

去年はりんご酒りんごジャムにしました。

今年はりんごパイにでもしようかと考え中です023.gif

さてなにに変身するかな~。




山中温泉 こおろぎ楼WEBサイト
[PR]
by koorogirou | 2009-11-29 10:55 | こおろぎ楼 | Trackback | Comments(0)

紅葉のトンネル

11月の連休も終わり、ひと段落しました。

もっと若いときは体力あったのに・・・。と老いを感じる連休でもありました。

たくさんの皆様とお会いでき、ご縁に感謝しております001.gif

ただ今当宿の下りる坂道の紅葉が綺麗に見ごろを迎えております。

c0210517_1528585.jpg


今年は雨が続き、例年より見ごろ時期は短かったように思います。

毎年毎年ちがう紅葉で楽しませてくれます。

c0210517_153049.jpg


ところでですが・・・。

山中温泉は松尾芭蕉がこよなく愛した温泉地でもあります。

山中温泉の所々に芭蕉の句碑があります。

こおろぎ橋のところにはこちらです。

c0210517_15284573.jpg


『かがり火に河鹿や波の下むせび』
ぜひ山中温泉にお越しの際は芭蕉の句碑めぐりしてくださいね。

お勧めです。
山中温泉 こおろぎ楼WEBサイト
[PR]
by koorogirou | 2009-11-24 15:31 | 景色 | Trackback | Comments(0)

あまさぎ甘露煮

あまさぎ甘露煮出来上がりました。

c0210517_16181370.jpg


お鍋の中に綺麗に並んでおります。

ひとつひとつ丁寧に並べてじっくり炊き上げます。

前菜にお出ししています003.gif

c0210517_1618252.jpg


頭まで柔らかく本当に美味しいです。

ぜひ・・・053.gif


山中温泉 こおろぎ楼WEBサイト
[PR]
by koorogirou | 2009-11-20 16:19 | 料理 | Trackback | Comments(0)
本日は朝からの山中温泉です。

こおろぎ橋が雨に濡れて、赤く染まる紅葉から落ちる雫。風情があります。

今日は玄関のお花が少し変わりましたよ。

c0210517_18363647.jpg


玄関のお花もそうですが、館内のお花は季節の野花などを活けています056.gif

そしてこちらは・・・。

c0210517_183739.jpg


創業当時の看板です。・・・ということはつまり120年ほど経っている歴史のあるものなんですよ。

よ~くこおろぎ橋へ観光のお客様に『なんていう旅館なの?』と聞かれます。

右から『こおろぎろう』と読みます。『蟋蟀楼』です。

当宿は明治20年創業です。現社長で6代目です。

初めは料亭でした。それから・・・旅館『こおろぎ楼』として営んでおります。

温かい宿を目指し精進いたします。

今後ともよろしくお願いします。

山中温泉 こおろぎ楼WEBサイト
[PR]
by koorogirou | 2009-11-17 18:44 | お花 | Trackback | Comments(0)
ここ最近、急にに寒くなった山中温泉です。

もう、冬の格好で寒さ対策ばっちりです。

北陸の冬は冷え込みますからね~。

c0210517_22165632.jpg


さて、こおろぎ橋の紅葉が見ごろを迎えております。

まだ、所々のところもありますがとっても綺麗ですよ。

例年は11月の中旬すぎころから12月の初めにかけて綺麗なのですが、今年は少し早そうです。

当宿に下りて来る坂道の紅葉はまだ今から色ついていきそうです。

この紅葉のトンネルとっても綺麗なんですよ~037.gif

そしてこの紅葉シーズンが終わると雪の季節。

c0210517_22174756.jpg


この写真は以前の冬の写真ですがとっても綺麗でしょ003.gif

寝る前は雪なんて降ってなかったのに朝起きると真っ白なんですよ。

小さい頃からの『冬がきたな~』と思う光景でした。

ライトアップされた冬のこおろぎ橋は幻想的素敵です072.gif

山中温泉 こおろぎ楼WEBサイト
[PR]
by koorogirou | 2009-11-16 22:24 | 景色 | Trackback | Comments(0)

蟹料理

今日は蟹のお刺身がとってもおいしそうだったので写真を撮ってみました001.gif

c0210517_1649297.jpg


蟹のお刺身です。花が開いて綺麗ですね。

この青タグは石川で揚がったしるし。つまり加能蟹ということです。

この様にあがった漁港の名前がちゃんと入っています。

c0210517_16492157.jpg


今回のは『橋立港』でした。

そして・・・。

ついでに香箱蟹も撮らせてもらいましたよ。

c0210517_16494022.jpg


この香箱蟹絶品なんですよね~。

山中温泉 こおろぎ楼WEBサイト
[PR]
by koorogirou | 2009-11-14 16:51 | 料理 | Trackback | Comments(2)

かにがたくさん

今日はたくさんのが来館しています。

おかげで当宿の生簀もにぎやかになりました。

c0210517_958131.jpg


やはり北陸の冬の味覚はかにですよね~。

石川のかにかは『加能かに』といわれます。


最近の専務は朝から蟹を茹でて、蟹をさばいています。

香箱蟹も一つ一つ丁寧に身だししていきます。

香箱蟹1月までの限定ですよ。お早めに・・・。

山中温泉 こおろぎ楼WEBサイト
[PR]
by koorogirou | 2009-11-11 10:12 | お魚 | Trackback | Comments(0)

今日の山中温泉

だんだん綺麗になってきましたよ。紅葉
c0210517_1549266.jpg


下のほうまで赤く色ついてきましたよ。

こおろぎ橋を下りる坂道の紅葉はまだ早いかな?

c0210517_15493169.jpg


ここの紅葉が赤く染まると紅葉のトンネルが大変綺麗ですよ。

ちびちゃんもポストまでお客様の郵便を持っていくお手伝いをしてくれています060.gif

帰りにはいつもお世話になっている『辻酒販』さんへ。

c0210517_15494990.jpg


ここの酒屋さんはゆげ街道の真ん中ほどにある酒屋さんで、地酒はもちろんワインやおしゃれなリキュールなどもおいております。ぜひ立ち寄ってみてくださいね。
(ここの若ご主人さんは専務の同級生で保育園からの幼なじみです。)

8代目は辻酒販の女将さんに林檎ジュースをもらってご機嫌で帰ってきました003.gif



山中温泉
 こおろぎ楼WEBサイト

[PR]
by koorogirou | 2009-11-09 15:53 | 景色 | Trackback | Comments(0)

解禁しました。

昨日、蟹解禁になりました。

お待たせしました。蟹ファンの皆様

石川でとれる蟹は『加能蟹』といわれ、青色のタグが付いています。

今年も蟹懐石ご用意しております。
(詳しくはHPの予約フォームからどうぞ・・・。)

当宿のいけすにも来館いたしました。

c0210517_2262197.jpg


ぷりぷりの蟹刺し、甘さ引き立つ焼きかに、やっぱりこれこれゆで蟹

1月まではずわいのメス香箱蟹もお楽しみいただけます。

北陸の冬の味覚ぜひ・・・。


山中温泉 こおろぎ楼WEBサイト
[PR]
by koorogirou | 2009-11-07 22:08 | 料理 | Trackback | Comments(0)